人が行動を起こす時、必ず「やれる」と確信している事を知ってましたか?

人が行動を起こす時、必ず「やれる」と確信している。

ども、harutoです。(笑)

訪問して頂いてありがとうございます。

ここでは、自己啓発の一つとして、読んでいただけると嬉しいです。

人は感情の生き物であるとは、まさにその通りだと思います。(笑)

頭で考えているだけでは「まだまた足りません」心を動かし「決断する」
ことで、行動に移れます。
この状態で「目的もはっきりしている」のであれば云う事なし!です。

 

スポンサーリンク

意識してやてっる人は少ないのではないでしょうか?

こんなこと意識してやてっる人は少ないのではないでしょうか?

人に訊かれて「あぁ、そうかもしれない」ってくらいの意識かもしれません。

そうゆう僕自身も、似たり寄ったりでしたもん。(笑)

ただ、これを意識してみると、意外にも当てはまるのです。

迷っている時には、行動には移せない・・・
決断したら(結果が良い悪いは別にして)行動に移している。

あなたも「うんうん」「そうそう」と思うところがあるのでは(笑)!

例えば、

欲しいものがあって、どれにしようか?

って色々調べて、楽しい想像をしている時とか、店頭で直接見てみたりとか、

この状態って「欲しい」けど「決定」していない状態です。

「買う」という行動にはまだ、でていません。

迷ってるんですね・・・

どれにしようかって!

で、「これだ!」ってものが出てこないと、買うつもりでいたとしても、

「買う」

という行動にはでません。

又は、買うつもりだった・・・

と、決断できなくて、断念することもありますよね。

当たり前といえば、それまでなんですけどね。

これが、買い物とかではなくて、会社の運命を決定づける壮大なプロジェクトだったりしたら?

あなたが、抜擢された!

もし、最初に「できるわけがない」と思っていたら、あなたは、

「やります」と受け入れる行動に移したでしょうか?

おそらく・・・NO です。

行動を起こしていません。

起こせないのです。

「やれる」

という自信が持てないうちは・・・

人は、「できる、やれる」という可能性が見えない限り、なかなか行動を起こせない生き物です。

 

もし、それでも起こせるというのでしたら・・・

それはきっと、

洗脳されている-恐怖に駆り出された-無理やりやる-逆上したり恐怖心に—

普通の心理状態ではない場合の時ではないのでしょうか。

冷静になっている事。冷静になれる事が大事。

洗脳されている-恐怖に駆り出された-無理やりやる-逆上したり恐怖心に—

こういう普通の状態ではない場合に行動したとしたら、いい結果にはなりません。

ある意味、仕事って強制?されているものって多いですよね。

これをやりなさい。
こうしなさい。
これやっておいてくれ。

これが「やらなきゃ怒られる」という心理状態だと尚更です。

これを耐え忍ぶのが社会人(サラリーマン)と言ってしまえば、それまでなんですけど(泣)

 

行動心理学を紐解くとやはりありました。

何かを行う、行動する、行為には、意味がある(目的)行動を起こしたという事は「できるぞ」「自信がある」という自分の意識がはっきり決まる事により行動する。と…

そう考えると「行動を起こす」そこには必ず目的があって、その意味が理解できていない状態で、行動を起こした場合、そのあなたの行動は「目的に沿っていない行動という事になります。なにやってる(やってた)?」って言われかねないですね。

仕事で「お前なにやってんだ!」って言われてる人とって廻りにいません?(笑)

また、何でもない事なのに、ミスする人とか。

それって案外、同じ人だったりして。

これをやんなきゃ!
という気持ちが先にでていて「なぜそれをやるのか?」という仕事の目的とか意味を理解しないままやってると、こうなる事が多い気がします。

そうゆう人から返ってくる返事は

「知りませんでした」
「どうしてなのかわかりません」

となることが多いですね。

・・・

どう対処してあげればいいのか?

あなたが、もしこの状態にあるか、または、部下がこの状態で、悩んでいるとしたら、

どうしていけばいいのか?

という質問が飛んできそうです!

いろんな要素があるのですが、

1.仕事や作業には「目的が必ずあること」を理解させてあげる事

2.失敗する許容範囲を持っている事

3.仕事や作業の完成図を持っている事

最低限これを、依頼する側にある人は持っていて欲しいです。

これを持ったうえで依頼するようにすると、必要以上に叱責することもなくなります。

指示も具体的にできますよ。

 

心を動かさねば、行動しようとしないのです。

この要素を押さえずにやってる人も多そうですが、何かしらトラブってますよね。
(経験上ですけど)

それから、先ずあなたも、あなたの部下にも自分を必要以上に卑下しない事です。

あなた自身の評価は、あなた自身が下すものですか?

そうではなくて、あなたを見ている「周りの人」が下してます。
(内心嫌かもしれませんけどね)

その周りのそれも上司が「あなたになら、任せられる」と判断したのです。

大抵、自分が思っている評価より、いい評価の場合が多いですよ。(笑)

よく見ています。良い上司は・・・。

と、考えてみてください。
と、伝えてあげてみてください。

それを知った、あなたは?部下は?
どう感じるでしょう。

「期待に応えてみるか!」

という気持ちになるのではないでしょうか?

あなたなら、お前なら、という根拠を伝えられたら、

相手の理解(納得できる)が早いです。

これをすっ飛ばして「ただ、ただ、お前に任せた!」とか、冗談でも「お前しか空きがないからだよ」とか、いじられて言われても「心は動きません」

そこは注意してくださいね。
(冗談で、言う人がいるのです。面白おかしくいじってるつもりで、不思議と一人はどこにでも)

最終的には自身で「やれる」という気持ちの決断まですること
(させること)が目的です。
そうして「行動」に移っていけるのですから。

こうした「行動」は、結果的にいい状態になるケースが多いです。

だって「自分が決めたこと」「自信が湧いている」状態な訳ですから。

 

最後まで、お付き合い頂いて、ありがとうございました。

 

【31 心を動かしてやれると思わせる】

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク