詳細プロフィール

はじめまして。

harutoです。

今日は「horizon358」おじさんの経歴に興味を示して頂き、誠にありがとうございます(笑)

どんな奴(おやじ)が運営しているんだろう?

と、気にかけて頂けただけでも感激です。

なんとなくでも、こんなおやじなんだぁ・・・。

と、興味を持ってもらえると用意した甲斐があるというモノです!

haruto (はると)はハンドルネームです。

中身はどこにでもいる「おっちゃん」です

ゆくゆくはネットビジネス(アフィリエイト)を考えています。
現在は副業準備中という状態ですので、実名はもうしばらく伏せておくことをご了承頂ければと願ってます。えへへ(〃´∪`〃)ゞ

こんな感じ。割とリアルに似てると思います。

時間があるときで構いませんので、このブログの概要もみて頂けると嬉しいです。
こちらです!>>ブログの概要

年齢は、1965年生まれです。昭和40年、東京オリンピックの次の年・・・
(だからどうした?と突っ込みが入りそうですが)

生息地:福岡県福岡市が主なフィールドです。

性格:

元々、恥ずかしがり屋の人見知りで、人前に出るとか話すとかがとても苦手で、それがストレスで胃炎を起こしていたくらいです。(笑)

内気な性格が変わった!(なんで、なんで!)

大きな原因は、専門学校で講師として立つことになった事ですね。
やらざる得ない、という環境と気持ちの割り切り。

ですね・・・。

心次第という事が理解できた瞬間は、実際に講師として始めてなかったらもっと遅かったかも?いいえ気が付きもしなかったかもしれません(笑)

それで、おとなしいとか、やさしそうとか言われてますが、真の友と呼べるやからは「見た目とちゃうやろ、結構がんこだからなぁ、俺らが大変なんだぞ」と・・・

なんやねんお前らこそ、問題ごとばっかり持ち込んできて、お前らの尻ふきするのはいつもおれやんか!

などと、戯れていました。

断れない性格という部分もあります。優柔不断と言えばそうかも。

買い物でもじ~っと考え込んでしまう場面も多いです。

でも決めたモノは、一直線で、みたいな・・・

ささっといって、パッと買って、そそくさと帰る、寄り道なんかしませんね。
こんな行動をする時もあったりするんです。
・・・

割合なんにでも興味を持ちます。人の話は、割と疑いなく信じる方でした。これで、困った事も多々ありましたけど。
頼りにされるというより、なんとなく色々めんどうなものが回ってくるのです。
断れない事が多いですね。でもこれからはちょっと違います(笑)

新しもの好き。興味はいろいろ持ちますね。

おばあちゃんおじいちゃん、小さなお子さんやペット(犬猫)には優しいと思う。忘れてはいけない!女性にも優しいです。(笑)
※優しい=甘やかしでは、ありません。

基本守ってあげないといけませんね!
(ただし僕より強い女性は別です)

・・・
落ち込むことがたくさんありますが、せいぜい2,3日で復活できます

基本、脳天気な部類なんでしょうね。あはははは・・・
どうにかなると楽観的な所ですかね。

複雑でめんどくさい変なやつでしょ?(笑)

趣味や得意なもの

一番は、さかな釣り!が大好きです。
(海も、河川、湖もどのフィールドもOKです)フライ・ルアーフィッシングにハマりました。
でもここ数年は、釣行がありません(悲)行けていません。

モータサイクル(2ストロークのバイクがなくなった現在は寂しい・・・)

成人になって取得したんです自動二輪免許。学生時代は四輪に憧れてて、原付で十分と思ってました。ところが偶然にも、ケニーロバーツのレース(GP500)を観て、心が震えました。それから二輪にハマることに!

二輪での大きな事故はありませんが、2回ほど、やばい!逝くかも!と観念しそうになったことがありました。てへへ・・

最近はまったモノ

・アニメ・漫画を観る。(オタクとまでは言わないで欲しいですね)
アニメ=子供の娯楽とバカにはできない作品が多いですよ。

・心理学への興味。湧いています。独学ですけど。(笑)

かわいいものは好きです(子猫、子犬等です)見てても触れても癒されるから。

後は、やっぱり、自然は良いですね!水がある場所です(笑)
(海、川、湖・・・)

こう言うと、きゃつらは水がありゃいいんか?んなら田んぼ、苗植え手伝えと、引っ張り込もうとするんです。

いやいや、それは違う・・・。

できるようになってきたこと

現在は、外国人を相手にしている仕事なので、大抵の事では驚かなくなりました。それと、彼らの言わんとする片言の日本語と、表情や仕草で、先読みする癖がついたことですね。

・・・

あなたが、言いたいことは 「かくかくしかじか・・・だね」

    それが結構当たります。(笑)

異性の捉え方:
女の子に至っては、優しい方だとと思います。
でも叱ることはあります。
女の子は守るものです

・・・

ねぇ、女性と女の子と区別してるの?(ツッコミ要素)

おやじ
やっぱり、そう来ました?

できる女性には、必要ありませんもの・・・。

だって、僕より強い女性は守る必要が無いですよね。(笑)

おやじ
そう、ですよね。

今の目標は? 

ネットビジネスに参加する事です。もちろん「アフィリエイト」です。

なぜ?

老後の不安もありますし、会社に縛られない生き方に今更ながら魅力が湧きました!

会社(雇用)からの脱却ですね。

なぜ定年まじかになって?

もっと早くに?

おっしゃる通り、今尚この会社に残っている理由の一つに、ある方との「約束」の類の為です。

もうそれから、15年を経過するころですので、そろそろ時効でいいのかなとも考えるようになりました。

今は定年後を考えると、めちゃくちゃ不安です。
なので、その準備も意味もあります。(ここは、個人的なわがままですが)

今のままだと、ネガティブな悩みはきりがないくらい出てきますしね。

・・・

自由に、憂いを排除して「楽しい人生に!」
残りの人生はポジティブに生きたい。好きな時間に好きなことができる環境を手に入れたいです。

それにネットビジネスに興味があって、興味を持った段階で、右も左もわからない時に、ぽちっと登録した先が、ここでした、あれれーという間に、現在、BMTS受講生です。

・・・決して、優等生ではありませんけど・・・(笑)

加速できてはいませんが、初めの一歩は踏み出せました。

そのために、ブログを立てて「情報発信」を始めたのですが、まだまだこれからです。

こんな、おじさんでもできる事があるはず。

こんな、おじさんだから言えることもあるはず。

50年来、インプットされている情報を、ここで吐き出すことができれば、一つや二つくらい、いい記事が書けていると思います。

時代の流行り記事にはしたくないので、資産型になるのでしょうね。

そういうどっしりと構えたブログに将来なれるようにしたい。

私一人では、それは絶対にできません。

皆さんとのWin-Winの関係

を築き上げていけることが絶対条件です。

長いプロフィール記事になりそうで、以降は仕事の経歴なのですが、ざっくり流していきます。お疲れのようにも見えますので。

仕事の経歴

10代のころ:学生時代は、すっ飛ばします。もっと興味が湧いたぞ!という時にご覧ください。

   あっ、まだ記事にはしていませんけど(笑)

社会人になりました

専修学校から社会人へ。
19歳で社会へ。
まだ少ないコンピュータという横文字に惹かれたのです・・・

コンピュータという洒落た横文字の仕事です。
きっとはなやかだろうなぁ・・・

某ソフトウェア会社に就職しました。中小企業です。
汎用機時代のグログラマー・
システムエンジニアでした。

が、

入社して20日後、単身で出向の指示を受けました。期間は一年です。

赴任先は中国地方です。独り暮らしで部屋を借りた矢先、住人不在ですよ?

住んでいない部屋の家賃支払い…勘弁して!

上長に相談するも、家賃はお前が払えどうせ月一報告に戻ってくるんだから、それに出向手当てがでるからと、そんなもんかと思ったのと、手当は予想外だった。

  が、理想と現実のギャップのすさまじい世界でした。

一日400円・・・(家賃の半分にもならない)

それに、この業界は納期がすべて、間に合わなければ残業、徹夜休みなし、作業場所監禁など当たり前の世界でした。

(今はずいぶん改善されてますけど)

例えば7日間通して寝たのが10時間程度とか、一月部屋のベットで寝ていないとか、終電逃したぜ、などは、異常ではなく普通でした。

冬場でもコンピュータ室は低温ですので寒いくらいです。

寝るのにコンピュータの裏(熱発散してるので温かい)の取り合い、不要のプログラムリストを布団替わりに体に巻き付けての仮眠、インドアなのにアウトドア並みのことをやってました。

最初からそういう環境の中にいたのですから比較対象は、他の同じソフト会社ですので、どこも団栗の背比べです。いいなぁと思ったのは、うちより給料高い!という事ぐらいでしたね。

この業界全体が、今でいう「ブラック〇〇」に限りなく近かったころのお話です。

念のため、今現在はこの業界でもクリーンな会社が増えていますし、当時の事は、私個人の感想が大きく占めていますので、すべての会社がそうでしたという意味ではありません。

その当たりは、ご理解いただきたく願っております。

ざっくりどんな業種のシステムの開発に従事していたか羅列します。

鉄鋼業系、電力系、通信事業系のシステムや販売流通系のシステムの開発などを手掛けていました。
そんな中でもここだけはいい思い出です。

通信事業系でしたが、(あるシステムではテロの対象になり得る施設での作業もあり、機密保護のために施設位置、従事作業などの漏洩を危惧して身元調査までされたことも。生涯この案件内容は他言しない契約を結んだりしました)

機密事業に加わっている感じで、映画見たい!ワクワク!
なんてことを思っていました。
ここでの仕事が、一番印象に残っています。

ちょっと理不尽と思えるような異動。それでも、住めば都といいますが、気持ちを切り替えてそれに没頭しようと心を決めたとたん、あら、理不尽なわけが判らん異動理由が、いつの間にか「あたかもお前の為の異動だったんだ」という姿に変えて戻されたんです。

  ここで開発現場の地獄を約2年半、どっふり味わうことに。

事実、この世の世界は理不尽なことばかりです。人と関わりを持たないと生きてはいけませんので、その理不尽さに負けない精神力を養うことの必要性を早く気が付いて欲しいです。

これからも白黒はっきりしないグレーな世界が広がってることでしょうから。

話が20代半ばに戻りますが、一転して、情報系専門学校で、技術指導、進路指導、生活指導、就職指導等を経験。プログラミングの技術を教えることに。

講師として戻ることになった理由は

講師をやりたがらない諸先輩が多くて、自分に回ってきたらしい。当時自分も開発の仕事を持っていたのですが、所長はこの話を二つ返事で了承したと、出張先の所長から聞かされました。もちろん最初は拒絶しましたよ。
学校の担任業務があると聞けば尚更、人生の選択に左右される事もあるでしょう。本人だけではなく親との折衝もあるでしょうし・・・。

結局は、自分がうんと云うまで説得され続ける訳ですので、最後は首を縦に振りました。

まだ、コンピュータと言えば汎用機。これから、パソコンが普及していく時代背景です。なので、COBOL,アセンブラ、FORTRAN、BASICなどの言語が中心です。
皆さん、ご存知な方もいらっしゃるでしょうね。

今はもうこの手のプログラムを扱うのは稀でしょう。(笑)

4年後、現場に戻ります。

広島勤務で、仕事は大阪で。それから東京と。
広島での仕事もありましたがほぼ出張です。

この時期に大阪の震災が起こりました。当時は東京での仕事だったので難を逃れましたが、その後福岡に戻ってきました。

この時「Windows3.1」と初お目見え。Cを勉強しました。(ちょっと嫌な想いの体験もしました。)
もちろん仕事上でのお話です。(笑)

それからまた、専門学校へ戻されました。
今度は、学校の立て直しで力がいるとのこと、5年間頼む。

それから学校勤務が始まったのです。

立て直しというが、そうなった原因は?
ハッキリ言えば、募集班の手抜きです。総入れ替えがあり、今の在校生の就職内定率を100%にする計画で、募集班の後ろ盾を作るという流れですね。

専門学校では、就職できる確率100%は売り文句で、実現させることができれば、口コミ効果も期待大です。

で、目的が達成できたのですが、あれれ?

全く開発現場に返してもらえない?

こんなそんなで、これまたいきなり、今度は、総務畑に放り込まれました。(笑)

これは2年くらいですが、ここの上司は、口が悪いのが有名で、何人その毒舌に耐えられずに辞めていったか。周りからは「とうとう来たか!ご愁傷様・・・」とエールを送られました。泣

質問には3秒以内で的確な答えを提示しないと怒鳴りだすという上司です。
実際、切れ者です。実績もあります。社長に信頼があるので、No2の地位ですから。それでも、接するうちに少し理解できてきました。

で、1年ワンクール終わってなんとか仕事を覚えたかなぁ・・・と思ってたら、あらら・・・学生指導に戻されちゃいました?

その少し前「行政書士の資格を取る」と上司に宣言したんです。

そうしたら「そうか、よし、もし合格したら、お前のことを「先生」と呼んでやる」

私は「絶対ですよ!」

というやり取りをしたばかりでした。
一年前にはこんな会話は想像できませんでしたけどね・・・

この資格取得には、業務が変わり、気持ちが持続しなくて、自然に消滅しました。私の意志の弱さがここに出たのだと思います。まだ、まだでした。

でも総務では、行政を相手にすることが多く、文部科学省、社会保険庁、労働基準局、ハローワーク、裁判所などとの折衝があったんで色々学べましたね。

またもや唐突に!

今度は留学生の指導に当たることに。

これがまた最悪な状態での引継ぎで・・・学期途中(後半)からクラスを受け持つという異例の対応を迫られることに。詳しくは、いつか暴露します。

留学生の指導がこれほど大変、いやめんどうだとは・・・時間が36時間でも不足する。

そんな状態です。それをまた立て直す必要があるのですから、相当苦労したんですよ。

それを乗り越えて、数年が経過して、2017年9月から、

留学生の募集班へ。

これも、中々学期途中でクラスを引き継ぐ訳ですから、大変でした。アセアセ!

子供(留学生)たちがいるんですよ。
担任は、留学生にとっては相談の窓口です。それがコロコロ変わることにも疑問視しているのに、募集班立て直し優先と。私の代わりは「俺がする」と上司が言ってはくれますが、これまでそう言っただけで何もできていない事を知っています。なので「×××先生にやってもらってください」と逆指名したりしましたね。

ここで法務省(出入国管理局)警察、検察庁、あと、日本語学校とのおつきあいが始まります。

と驚きは、前任の留学生担当者が退職し引継ぎ資料なども無くもう、すべて手探り状態からのスタートです。私が回されるところは割とこんな感じで、ドツボの状態が多いです(´;ω;`)

学生数が減少して、昨年来伸びない、このままでは経営にも影響が出るという、これまたうれしい状況下の立て直しです。こんなのばっかりやってます。

2017年度入学者数を今回はトップから「〇〇〇名」死守しろ。

これが厳命事項でした・・・
始めての募集業務の私に、良くもまぁ、そんなこと言えるなぁ
これ目標達成でもしたら「ボーナス弾んでくれるんかな?」
という期待もちょっとはありましたが、その期待は裏切られます。

ただ、ある意味先入観なしで自分で調査してやれるという部分が大きかったと思ってます。これはインプット情報そのものです。

で、その結果はどうだったか!

知りたいですか?

目標設定人数を達成しました。それも「達成率154%」という数値です(笑)

それ以降はこの2019年の入学者数まで、大台で推移させています。
多すぎて困ります。という嬉しい悲鳴です。

現在この留学生募集は4年目に入りました。今の私の業務です。

ざざっつと、流しましたが、読みにくかったらすみません。

どこにでもいる、普通のおっちゃんというオチで構いません。(笑)

ここまで長々と、お付き合いくださいまして本当に感謝謝します。

ブログでは書けなさそうな部分も多々あって、文がおかしいかも?という感想もおありではないかと思います。すみません。(笑)

お問い合わせで、ご質問などがあればお気軽にお尋ねください。
若干副業で、常時チェックできていません(申し訳ありません)返事が送れる場合もありますが、ご容赦くださいませ。

草々