褒めて褒めて、それでも褒めて、褒めたおし、やる気を出させる秘訣かも?

ご訪問ありがとうございます。
ども、harutoです。m(_ _)m

「褒めてやらねば人は動かず」

山本五十六の語録にある、有名な語録の一つ(一部分を除いて)です。

この前文には「やって見せて、言って聞かせて」ともあります。

今回は、叱ることをしない方が、結果を出せる!

というお話です。

(最後に、この「山本五十六のこの語録を掲載しておきますね)

では、始まり始まり…(笑)

 

スポンサーリンク

褒めて育てる

相手に行動を起こさせるという事がとても大事なんですが、
ここに「叱る」という要素を持ってこないことも一つの方法なのです。

こういうと「叱らないといけない場面とかもあるでしょう?」

その時はどうするんですか?

という問いかけが、ほぼ100%返ってきます。

その時、なんと答えるかというと「叱りません」と答えます。

・・・

生命の危険に関わるようなことをしたものまで、叱らないという意味ではありません。

その場合は、叱られて当然です。

「失敗の許容範囲」の時もそうですが、どれだけ許せるか?

自分で考えてもらう幅を広く保つことと、叱らないで育てる
ことをもっと学ぶべきなのかなと思っています。

もし、あなたが成果を出せないで、上司に

「ちゃんと仕事しろ!」

と、叱られることと、本来、叱られてもしょうがないのに上司は

「がんばれ!」

としか言わない。

この時あなたはどう感じてしまうでしょうか?

「叱られないでよかった!」と思いますか?(ラッキーと!)

それとも「自分が情けない!」もっと「ちゃんとしなければ!」と思いますか?

多分、後者の方だと思います(そう思いたいです!)

 

高橋尚子選手も、この方法で育ってるんですよね!

これは、皆さんに記憶があると思いますが、

「小出マジック」

って、女子マラソンのシドニーオリンピック代表に選出された、高橋選手がTVインタビューで、彼女を育てた小出監督の育成手法を話してました。

高橋選手:とにかく監督は「褒めてくれる」んです。
たとえタイムが悪くても「いいねぇ~」って。

そういわれると「何とかしよう」「頑張ろう」って気になるんです!

相手をその気にさせていくという段階(信頼関係)が構築できて、初めて言えることかもしれませんね。

監督が選手を信頼する。

選手も監督を信頼する。

お互いが、信頼しあえる状態であることが大事なんですね。

 

成功哲学の中にもあった!

この状態の事を「NLP」では「ラポール」と言います。

心の架け橋がお互いに繋がっているって感じの意味です。

育成される立場にあなたがあるとしましょう。

あなたと、指導者との関係に信頼関係が無い状態で

「いいねぇ・いいねぇ」

と言われた場合、あなたは多分「なんだこいつ?」

何が目的で、いい顔してるんだ?

と警戒するのでは?

私はそう感じます!

 

まとめ

今まで、うまくいっていない状態を振り返り「叱ってばっかり、または感情的になってたり」

もしかしたら、それが原因だったかもしれません・・・

あまり意識していなかったなら「叱らない」という育成方法を試してみてはどうでしょう。

上司と部下であれば、ある程度の信頼関係は保てているのではないのでしょうか。

逆にこれを使って信頼を構築するっていう事もできるのかなぁ・・・

 

最後まで、お付き合い頂きまして、ありがとうございました。

ちょっとでもお役に立てたなら嬉しいです。(^^)v

 

山本五十六語録:人を動かす

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

【この言葉には以下のような続きがあります】

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守り、信頼せねば、人は実らず。

【26 褒める事、叱らない事】

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク