会話が弾まない。沈黙が気まずい。そんな時のとっておきの方法!

harutoです。

会話が弾まないぞ~・・・アセアセ!

この何とも言えない時間帯・・・(気まずい)な・なにか、話さなくては!

「え~っと。き・今日が、天気が曇りですね。

・・・わーっ! 何やねん! 日本語になっとらんやん!

恥ずかしかばい。(〃ノωノ) 逃げとーごたる!」

 

こんなの、あるある! でしょ(笑)

 

これも悩みますよね。あっ、恋愛コンサルタントの・・・

ち・が・い・ま・す!

まぁ、それも大きな悩みではあるのでしょうけど、今回はもっと、普通に行きます。(笑)

実は、敢えて、沈黙をするという場面もあったりするのですが・・・、
どんな時かというと、「反省を促す場面」なんかは、そうすることが多いです。

この手の沈黙では「気まずい」という感覚より、片方は、怒り気味で、もう片方は、シュンとしている状態ですよね。
反省する側の返事待ちなのでこれは、ある意味仕方がないですね。
ここで、沈黙に負けで変な事を口走ったら・・・。

ゾヮ~   想像したくないです(´;ω;`)

そんな状態以外での、会話の最中に起こる、「ち・ん・も・く」・・・
これ、

「うー耐えられんとか、うー気まずい。なんか言わないと!」とか

焦りににも似たモノ、こんな経験って、一度くらいありませんでしたか?
僕なんかしょっちゅうです!(笑)

 

沈黙が、楽になる方法があるのです。

この、沈黙の時間を、気にさせないで済む方法があるのです。
とっても簡単な事です(笑)

「待ってるよ」

って言ってあげるだけ!

えっ、それだけ?

はい! それだけです。

 

気まずいと感じる訳は?

会話の途中で起きる、しーーーーーん とした沈黙。

こんな気まずい沈黙の時にある一人のコーチングの先生が、質問を投げた後、
私が返事に困って考えている時に
「質問?分かりにくかったですか?」とか
「あっ、具体的にはこうゆうことなんだけど」と、
色々後追いで言ってくれました。

一秒でも間があれば・・・って感じです。

最初はね、気を使ってくれてる。
悪いなぁ。
と思うのですが・・・。

これが続くと私も「もうちょっと、考える時間をくれよー!」って
気持ちになってましたね。

別のもう一人のコーチングの先生は、とにかく待つ方でした・・・
質問を投げた後は、じーっと待ちの姿勢、最初は良いのですけど、
時間が経過していくと、それでも何も発することなく、何も言わずに待ってるんで、
こっちが「なんか言わなきゃ」と気まずい感じになって、
つい、どうでもいいような事を言っちゃたりして・・・

これでも、最初のコーチャーよりは、ましかなとも思いました。

でも、私にはどっちも「やりずらい」という感想でした。

 

どうしたら気まずいを、和らげることができるか

例えば「私が考える時間を貰ってる状態」と認識できているとしたら?

気持ちは楽になるだろうなぁ。
それでいて、ちゃんと考えたことを伝えられるはずだよね。
と思ったんですね。
これって理想的ですよね!

・・・

で、この方法を試してみてくださいね。

①まず、質問を投げかける(投げかけられる)
②次に、相手が考える。
③それで、答えがすぐに返ってこないと思ったら・・・

ここです!ここ!

④「好きなだけ時間を使って考えてください。それまで待ってますから」
と言葉を投げかけてあげるのです。

ど、どうです?

簡単でしょ!

あなたがそう言われた時の事をイメージしてみてくだい。

いい感じじゃないでしょうか(^^)?

少し、気持ちが楽になったんではないでしょうか。
これなら多少、沈黙の時間が長くても、焦ったりする必要もありませんよね。

いいでしょ!

これをやってもらえると、一度このメッセージを、「受けている」から、
次に沈黙があった場合でも、すでに「合意」が成り立っている状態ですので、
無駄に緊張しないで済みます。

これって、相手から偶発的に発生する「沈黙」という「間」を、
うまく利用するには、いい感じだと思います。

コーチングに限ったことじゃなくて、いろんな場面でも使えると思いますよ。(笑)

 

まとめ

沈黙を嫌な感じにさせない魔法の言葉

「ゆっくり考えていいよ! 待ってますから」

これだけ!

相手が、考え込んでる時間の焦りをおべることが無いように配慮して
あげる気遣いです。

こんなことを言ってくれる上司は多分少ないです。

いえ、いないかも!

あなたが、やれば、目立ちます!
です。(^^)v

最後まで、お付き合い頂いて、ありがとうございました。

【06 沈黙を楽にする魔法】

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク