心は最高のパートナー。自分の意識や想いの力は強力です。

あなたの心はあなたの最高のパートナー・・・

ライトノベルみたいな表現ですね?

こんにちは、harutoです。

悩みを抱えていたり、落ち込む理由は、人それぞれです。

  • やれる!と思って自信を持ってやったことが、できなかった時とか。
  • 片思いの相手に勇気を出して告った・・・断られた時とか。
  • 一か月ダイエットにチャレンジして、やるだけやったぞ!って体重計の目盛りを
    見た瞬間目眩がしたりして・・・。
  • やってはいるのだけど、どこかで失敗をしてしまう自分が情けないと思ったり。

人それぞれ、何か悩みを抱えていて、思案して、思うようにいかないと落込みます。

悩むことや、落ち込むことは、悪いことではないと思うのです。

個人的には、必要なことだと思っています。
落ち込んでしまって、その後、あなたがどうするか?
ここの部分が大事なことですね。

先人も、そうやって成長してきたと思うのです。

あなたも、そうだと思いませんか?

スポンサーリンク

できるかもしれない」「やれるかも!

何かの行動を起こそうと思ったり、考えたときには「できるかもしれない」という気持ちを持っていることを・・・。

やれるかも!」という気持ちにならないと行動をしないものです。

「だって、無理だよ。そんなことできるわけないよ」とか思ってたり、考えてる間はきっと「行動をしていない」と思います。

見方をちょっと変えると行動を起こすときって「」がウキウキわくわく、していませんでしたか?
そうです。建設的(前向き)です。

ポジティブな状態になっているのではないでしょうか?(笑)

逆に、

行動を起こせない起こそうとしてないときは「」は否定的だったり躊躇してたりしています。

ネガティブな状態になっていると思います。

・・・

どうでしょう?

あなたも、私も、人はみんな、こんな心理的な行動特性があるのです。

例えば、こんなシーン・・・

娘さんが参加する初めてのピアノの演奏発表会が催されています。
観客も沢山入っているので、娘さんは、緊張でちょっと固くなっているようです。

お母さん: 娘が、発表会順番待ちをしているけど…
不安そうで、落ち着きがないように見える。
きっと緊張しているんだわ・・・

緊張して、うつむいている娘さんのそばに寄り添って、

お母さんは娘さんに・・・、

お母さん:「自信を持って!いっぱい練習してたのお母さんは知ってるよ。

あなたはできる!お母さんは信じてるわ!」

というフレーズをささやいたのです。

そうすると娘さんは・・・

娘さん: 「うん頑張る!おかあさん!」

と、笑顔で応えてくれたのです。

これも、たった一言ですが、不安げな面持ちの娘さんの不安を除いてあげようと、おかあさんが「信じてるよ」と言ってます。

ここで「頑張ってね」とは言わないところが素敵です。

娘さんへの「心」の伝え方ですよね!

「あなたを信じていますよ」

って「大事な事」なんですね。

そんなこと、私は知ってるよ!

というお言葉を頂くかもしれませんね。

それはそれで、ご存知であればそれはとても素晴らしいことだと思います。
「心」の状態がカギであることが分かってもらえているのですから…

これって、中々言えないフレーズですもんね。

友達同士や恋人同士でも「頑張って!頑張りなよ!」はよく言ったり聴いたり
しますけど、「信じてるね」って中々・・・。

人と人との関係、相手への思いやりは、勇気づけ!

人と人との関係・・・相手への思いやり

・・・

お母さんが娘さんにしたのは勇気づけです。

傍にいるよ!いつも見てるよ!

今までこのために頑張ったの知ってるよ!

お母さんの気持ちは、ちゃんと娘さんに伝わっているのです。

だって信じる心、信頼する心」をお互いに持ってますから。

親子ですしね!
信頼関係は抜群でしょう。

今の悩みが、どんな内容でも構いませんが、今、あなたは娘さんと同じ、不安な状態。

あなたにも、お母さん役がいると全然違うでしょうね。

悩みや、落ち込んだ時、不安や寂しい気持ちになります。
こんな時、傍にいて欲しいのは・・・

大好きな彼氏?旦那さん?ご両親?親友?

・・・

はい!

ここまで、読んで頂けて光栄です。まだまだ、続きますけど

  1. 人は、できると思わなければ、行動に移せない。
  2. 人は、考えて悩んで、落ち込むもの。絶対避けて通れません。
  3. 人は、信じる心、信頼する心が無いと立ち直れません。
    無ければ持つことが必要で、持ってないと人の話を真摯に聴く事もできません。

ということを、ご理解して頂けると嬉しいです。
これが、とても大事な事なんです!

特に3.については、何かを教わる側の意識という意味においてもです。

教える側の技量も問われますが、教わる側が、教える人を信用していない場合、その人の話を聞こうとは思いませんよね。学校の先生にしたってそうです。

あいつ(先生の事)、いつも怒るから嫌いだ!とか思っていると、その先生の授業はマトモに聴かないでしょう。
大抵の場合は、あなたの勘違いなんですけどね・・・。

後で間違いだったんだって、気が付いても、その時はもう授業を受けられない状態になっている場合が多いですけどね。

日本の修行には、師弟関係があります。
師匠は弟子に優しく教えることって余りありません。(多分…)
師匠の言いつけは絶対で、雑用ばかり毎日毎日やらされて、修行の「シュ」の字も教えてくれない!

こんなの修行じゃない!

とそこから逃げ出すと、それで終わりになってしまいます。

弟子は、師匠を何が何でも信じていかないといけません。
疑わない、忍耐が必要だった時代もあったんです。

無理矢理でも信じることが必要、それを乗り越えた忍耐力を持った弟子だけが、師匠から教えを乞う事ができる。

「真摯」になれることは、大事な要素でもあります。
言葉では、頭では理解できていても、相手を信じるか尊敬していなければ、できないものです。
(若い世代に人には、ちょっと理解しにくいかもしれませんね…)

私には・・・お母さん役がいない・・・

だから、立ち直れない・・・(泣)

そうですか。

あなたには、娘さんのように「不安、寂しい、緊張」したとしても、必ずお母さん役がいてくれるわけではないのですね・・・。

それは、ちょっと困りましたね。

でも、安心してください。

そんな時には、お母さん役の役割をあなたがやればいいのです。

自分で二役するの?

はい。(笑)

正確には、内的会話をするという感じです。自分と自分の心と話をするというような感じです。
「事前にメンタルやマインドの対処方法に触れて、知っておく」という意味です。

意味深なお話ですよね。

「ラポール」という考え方です。よくこの言葉が使われるのは、NLPというマインドトレーニングの中で紹介されています(笑)・・・

ところで、コーチングってご存知ですか?

「相手の自発的な行動を促進させるための、コミュニケーションの技術」です。
1980年代後半、アメリカで実績を作って、遅れる事役十年後、日本の企業でも取り入れて人材育成ノウハウとして取り入れています。

このコーチングの中にも、いろいろ使えるノウハウがあるんです。

どうすれば、相手の思考を「しなければならない」から「したい」に変え自発的に動かすことができるか。

部下にやらせるではなくて、「やってみたいと思わせる」という動機付け(モチベーション)を行う事とそれを維持していけるようにするやり方だとか。

コーチングのノウハウを、上司が持っていることを望む会社が増えています。
これは「相手」が基本ですが、自分が利用することだってできるのです。

ビジネスの仕事のうんぬんかんぬんは職業や職種で全く違い、会社独自の文化などもあたりして、さまざまですが、その仕事に従事するのはまだまだ人間です。

AIにとって代わる作業もこれから増えるでしょうけど。

だからと言って人間が居なくなるわけではないし、コミュニケーションは必要で、ビジネスの枠を超えて有益なノウハウだと思ってます。

会社も組織としての集団ですし縦社会ですから、上からの「命令」という指示で動くことも多いと思います。

まして、この集団が軍隊なら縦の命令系統は絶対ですよね。

まぁ、命令で「ここは激戦地だ。行ってこい」と指令がでて、YESと言って戦場に向かう。

Noとは言えない世界ですから軍人さんは精神異常なのか?

いいえ、違います。

私達と同じです。

死は誰だって怖いでしょう。

それでも、命令を「遂行する行動」にでる精神力の源は何だろう?

洗脳されている?

・・・
絶対に無いとは言えませんが。

ある意味、動機付けをするのは、似たような事かもしれないですね。

戦えるという自信は、それだけ訓練をしてきた自負もあるでしょう。
自分の軍人としてのプライドもあるでしょう。
愛国心とか、守るべきものがあるから、愛する人がいるから。
同胞が隣に一緒にいるから、という理由でも頷けるでしょう。(多分・・・)

何が言いたかったというと、自ら動く(行動する)という行為になるには、
そうしたいという強い想いが無ければ動かない。

動けないということです。

これは人間の性質ですね。

なので、動機(モチベーション)付けが、決め手!

ビジネスの世界では、仮に失敗しても、命の危険まではありません。

軍人さんとは比べられませんが、やり直しができるのです。

大丈夫!

あなたがこの想いを持っているのなら必ず成功へ繋がります!

あとがき

想いは絶対です

あなたの心はあなたの最高のパートナーです。

早くに気づいていたら、もっと業績を上げる社員を育てたか、自分も成長していたかもしれないと想像すると、悔しくもあり、楽しくもあり。

今からでも遅くはないはずです。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

何かお役に立てることができていれば、幸いです。

2019年02月26日、加筆、修正

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク